男性芸能人

麻生泰のアザは何の病気?原因やいつからかも調査

2022年3月18日

麻生泰 アザ

この記事は『麻生泰のアザは何の病気?原因やいつからかも調査』について、まとめていきます。

麻生泰医師の後頭部から首にかけての赤いアザが、現在SNSを中心に話題となっています。

YouTubeやTwitter、TikTokのみならずTVでもご活躍されている麻生泰医師ですが、よく見ると後頭部から首にかけて赤いアザのようなものが確認できます。

頭の後ろのアザということもあって正面から見るとあまり気にならないかと思うのですが、よく見ると目立ちますよね。

麻生泰医師の赤アザはケガで出来たのか、はたまた病気なのか、普段は見かける事がない大きなアザなのでかなり気になります。

そこで当サイトで調査しまとめました。

この記事を読むと、麻生泰医師のアザが何の病気なのか、またその原因、いつからできたものなのかが分かります

麻生泰のアザは何の病気?(お金持ちの息子父親)

まず結論から申し上げますと、麻生泰医師のアザ単純性血管腫」と思われます。

単純性血管腫とは

良性の腫瘍で血管が増殖したり拡張したりすることによってできるものです。別名「赤アザ」とも呼ばれています。

Twitter上では単純性血管腫の患者の方が赤アザの写真を投稿しており、そのアザが麻生泰医師のアザとかなり似ているようなので単純性血管腫の可能性が高いかと思われます。

▼単純性血管腫4つの特徴

  1. 表面は平たん
  2. 成長と共に広がる
  3. 自然に消える事はない
  4. 出生時にできる

などが挙げられます。

見た目はやけど(ケガ)にも見えますが広範囲に広がっておりますし、やけど(ケガ)ではなく病気なのだろうと感じます。

ただ痛みなどは無いようなので日常生活に支障はないようです。

顔などにできると、脳や目にも血管腫ができていることもあるらしく検査が必要な場合もあるみたいですが、麻生泰医師の場合その心配はないかと思われます。

▼治療方法

  • レーザー治療
  • 放射線療法
  • 冷凍療法

などが挙げられますが、一般的には副作用の少ないレーザー治療が最も多く使われているようです。

 

麻生泰アザの原因は?(お金持ち息子父親)

ここからは麻生泰医師のアザはなぜできたのかの原因を探っていこうと思います。

前述の特徴の所でも少し触れましたが赤アザと呼ばれる単純性血管腫は、生まれた時にはすでにアザが出来ており成長と共に大きくなる病気です。

原因は毛細血管の奇形でアザができるようですが、遺伝ではない事が証明されており、ホルモンバランスや外傷・感染症などの外的な刺激が要因だと考えられているようです。

しかし、詳しくは解明されていない病気なようで、はっきりとしたことはわかっていません。

確率的には10万人に1人とも言われているので、少し珍しい病気かと思われます。

 

麻生泰のアザはいつから?(お金持ち息子父親)

麻生泰医師の赤アザはいつからできたものなのでしょうか?

前述にも記載しましたが、麻生泰医師の赤アザは生まれつき出来ていた可能性が非常に高いと思われます。

また、日によってアザの赤紫色が強くなりかなり目立つ日もあれば、シミのように茶色っぽい見た目になりあまり目立たない日もあるようですね。

ただ、前述の通り治療も可能な病気で、しかも麻生泰医師の専門分野に近い病気なのですが、麻生泰医師が治療を行わないのは、個性の1つとして捉えておられるのかもしれません。

インスタグラマーである彩さんも同じ病気に悩んでいる人たちへ向けて『人は見た目ではなく、中身・考え方が大事!どうか病気に悩まされず、前向きな気持ちになってほしい。』とのメッセージを伝えたいと、お顔を公表することに決められたようです。

麻生泰医師もまた、彩さんと同じように病気をポジティブに捉え、自分の個性の1つとして考えられているのではないでしょうか?

治療できる病気なのにも関わらず、あえてそうしない、隠そうとしないというそのポジティブなマインドこそが、単純性血管腫で苦しむ患者様への麻生泰医師からのメッセージなのではないかと感じます。

 

麻生泰のアザ(病気)を心配するファンの声は?

麻生泰医師のYouTubeやTikTokのコメント欄では、やはり赤アザが気になる方も多いようで、

頭の後ろと首のアザが気になる

赤いアザ目立つね…何かの病気?

皮膚を治さないのですか?痛々しいです
生まれつきなのですか?いつから?

などといったファンからの心配の声が多数寄せられています。

麻生泰医師の研修医時代のお話ではカツラをしていた時期もあったそうで、その頃はあまりアザが目立たなかったようです。

スキンヘッドにされてからアザが目立つようになったのでしょうが、ファンの中には

スキンヘッド似合いすぎ
頭の形がキレイ

などの声も多いことから、麻生泰医師はアザに関して全く気にされてないように感じます。

麻生泰医師はもともとは形成外科医として活躍されておられましたが、経済的な理由で美容外科医になられたようで、当時は美容外科医に後ろめたさを感じていたとも言われていました。

このことからもわかるように、麻生泰医師は外見よりも自身のポリシーを大事にされる方なのでしょうね。

ただ、現在は美容整形を通じて患者様を笑顔にしているとの思いが強くあるようで、ご自身の仕事に自信と誇りを取り戻されたとのことです。

 

まとめ【麻生泰のアザは何の病気?原因やいつからかも調査】

本記事『麻生泰のアザは何の病気?原因やいつからかも調査』のまとめです。

まとめ

  • 麻生泰医師の赤アザは、ケガではなく「単純性血管腫」(病気)の可能性が高い。
  • 原因は毛細血管の奇形
    • 詳しくは特定できない
    • 遺伝ではない
    • 10万人に1人くらいの確立
  • 赤アザがいつからできたかは生まれつきの可能性が高い

麻生泰医師の赤アザは治療も可能な病気ですが、現在もアザを治療することなく生活されていることから、あえて治さない=同じ病気で苦しむ患者様に向けて、ポジティブな考え方が大切という強い意志とメッセージを示しているのではないかと考えます。

麻生泰医師の人柄の良さを感じますね。今後も、YouTube・Twitter・TikTok・TVなど様々な分野での活躍に期待したいですね!

© 2022 まるもりジャーナル Powered by AFFINGER5