平野歩夢

平野歩夢がイケメンになった!顔・性格・インタビュー・実力もイケメン!

平野歩夢 イケメン

プロのスノーボーダーで、冬季オリンピック2大会連続銀メダリストの平野歩夢さん(ひらのあゆむ)。

2021年東京五輪でスケートボード日本代表にも内定し、”二刀流”とその高すぎる実力にもさらに注目が集まっていますが、近年では自身のインスタグラムに投稿する写真が『かっこいい!』『イケメンになった!』と話題になることも多いんです!

そんな平野歩夢さん、イケメンなのは顔や実力だけじゃなく、性格やインタビューでの受け答えもイケメンなようで・・・

今回は、平野歩夢さんの”イケメン”な部分に着目して、ご紹介していきたいと思います!

平野歩夢の顔がイケメンになった!目・肌

平野歩夢さんのイケメンな部分1つ目は、顔です!w

平野歩夢さんがはじめて銀メダルを取った2014年ソチオリンピック(当時15歳)の頃から比べると、成長に伴いかなりイケメンになっているので、詳しくご紹介していきます。

平野歩夢のイケメン化:目

平野歩夢さんのイケメン化、まず大きく注目すべきは、目です!

平野歩夢さんは、もともと隠れ二重(見た目は一重)で、成長に伴い、2015年11月頃~2016年3月頃にかけてパッチリ二重となったのですが、当時の写真をそれぞれ比較してみると、イケメン化がすごいんです!

それがこちらの写真。

左側が2014年ソチオリンピック(当時15歳)での公式写真、

右側が2018年平昌オリンピック(当時19歳)での公式写真です。

平野歩夢 イケメン 顔 目

目が二重になったことで、あどけなさが一気になくなり、かなりイケメンになっていますよね!

しかも驚くことにわずか4年での変化なんです!

 

平野歩夢のイケメン化:肌

平野歩夢さんのイケメン化、次に注目すべきはです!

下の写真は、左側が2019年11月頃の写真、

右側がその約1年後となる2020年12月頃の写真です。

先に結論からお伝えすると、肌がこんなに綺麗になっています!

平野歩夢 イケメン 顔 肌

左側の2019年11月頃の写真を見ると、頬から眉間にかけて、肌にニキビ跡が残ってしまっているのが確認できるかと思います。

同じく2019年10月頃の写真でも目立つニキビ跡が↓↓↓

平野歩夢 イケメンになった 顔 肌 2019年
引用:Instagram

しかし、上の写真の約1年後となる2020年12月頃の写真では・・・

平野歩夢 イケメンになった 顔 肌 2020年
引用:Instagram

見てください!この爽やかすぎる笑顔!w

2019年に目立っていたニキビ跡が2020年にはかなり改善され、さらにイケメン度がレベルアップしているんです!

それにしても、King&Princeの平野紫耀さんにそっくりです(T_T)w

 

平野歩夢は性格もイケメン!エピソード3つ

平野歩夢さんのイケメンな部分2つ目が、性格です!

平野歩夢さん、実はSNS上では性格もかなりイケメンと言われているので、性格良すぎるエピソードを3つご紹介します!

 

平野歩夢のイケメンな性格1:常に周囲への感謝の気持ちを忘れない

平野歩夢さんのイケメンな性格1つ目は、常に周囲への感謝の気持ちを忘れないところです!

平野歩夢さんは日頃自身のSNSで多くを語るタイプではなく短文投稿が多いのですが、大会に出場した時や誕生日などには長文で感謝のコメントを投稿しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿

 

さらには、日頃お弁当を作ってくれるお母さまにも・・・!

年頃の男の子が母親に感謝の気持ちを伝えるって、恥ずかしさが勝ってしまいなかなかできることではありませんよね・・・!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿

 

平野歩夢のイケメンな性格2:地道に努力を重ね、有言実行する芯の強さ

平野歩夢さんのイケメンな性格2つ目は、幼い頃からの夢を叶えるため地道に努力を重ね、有言実行する芯の強さです!

調べていてかなり驚いたことがあったのですが、平野歩夢さん、なんと10歳の時に受けたインタビューで『スノーボードとスケートボードで世界一をとること』と答えているんです・・・!

平野歩夢 イケメン 性格 努力1

そしてなんと、2021年東京五輪にスケートボード日本代表で出場することが決まりましたね!

この1つの夢を一途に追いかけ有言実行する芯の強さ、本当にすごくないですか?

また別のインタビューでは、楽しい青春時代を捨ててまで努力を重ねていたともコメントしています。

平野歩夢 イケメン 性格 努力2
引用:Twitter

平野歩夢のイケメンな性格3:ファンサービスが神対応すぎる

平野歩夢さんのイケメンな性格3つ目は、ファンサービスが神対応すぎるところです!

Twitter上では、平野歩夢さんにサインを貰ったという人や、一緒に写真を撮ってもらった人、握手をしてもらった人などがたくさんいるのですが、それらの人のコメントをまとめると・・・

  • 誰に対しても優しく笑顔でメダルを触らせてあげる
    • 特におじいさん・おばあさんには優しく対
  • 他の選手がグローブを付けたまま握手する中、グローブを取り、素手で握手をしてくれる
  • また、握手をする時は立ち止まって、相手と向かい合って、相手の目を見て『ありがとうございます。』と言って握手をしてくれる

などなど、神対応エピソードばかりなんです!

 

平野歩夢はインタビューもイケメン!

平野歩夢さんのイケメンな部分3つ目が、インタビューの受け答えです!

実は平野歩夢さん、SNS上では密かにインタビューの受け答えに定評があるんです!

普段クールな雰囲気で多くを語らない分、インタビューで人となりが覗けると

  • 『若いのにしっかりとした考えを持っていてギャップがすごい』
  • 『大きなことを成し遂げているのに謙虚で驕らないところがかっこいい』
  • 『落ち着いて丁寧に話すところが好き!』

と、大絶賛の嵐なんです!

中でも2018年平昌オリンピックで銀メダルを取った際のインタビューがかなり話題となっていたのでご紹介します。

------ジャッジに悔しい思いをしたという声もある大会でした。一晩経っていかがですか?

悔しい部分は当然ありますが、結果はいくらやっても変えられないので。五輪だからこそもっと細かいところを見てほしいという部分もありますが、素直に受け入れなければいけないと自分でも分かっています。(中略)

------結果が出た直後は「ショーンが過去一番の滑りをした」と語っていました。その後に映像を見直したりして心境に変化があったのでしょうか?

いや、最初から悔しい気持ちもありました。でも(試合直後は)いろいろなメディアの方もいて、ああだこうだと言うのも変じゃないですか。自分自身に対して悔しい部分もあるし、スノーボードをずっと何年もしているので細かい部分について言わせてもらえば、こうだったのかな、なんていう部分もあります。でも表面的には(淡々とした)表情で受け答えをしなければいけないと思って、そこはわりと割り切っていました。

------五輪イヤーには多くの報道陣に囲まれると思います。私自身も含めて、競技について熟知していない人も増えてくると思います。そのなかで平野選手は、たとえ質問がずれていても、ご自身でかみ砕いて本心で答えているように感じました。簡単な受け答えで済ますこともできると思いますが、そこまでして伝えようという理由はなんでしょうか?

いろいろな人の気持ちや意見を聞いて受け入れることも、自分の成長になるのかなと。いろいろな人を見て、いろいろな人と会話して、この人はこう思っているけれど周りはこう思っていて、と感じることは、あらためて自分を見つめ直すために必要だと思っています。

周りの人の意見も聞きながら、自分の本心を貫くにはどうしていけばいいのかと考えながら、コミュニケーションを取るようにしています。

人にはそれぞれ人生があって、それは否定したくありません。自分をぶつけられる場所はスノーボードしかないので、そこでは自分がやりたい矛先と意思をしっかり持ってやれればなと思います。

------ソチ五輪の銀メダルで一挙に注目を集めるようになったとき、平野選手はまだ15歳でした。「このおっさん何言ってんだ?」と思った時もあったのではないでしょうか?

当然ありましたね。中学生でしたし右も左もまだ分からない年ごろで、正直スノーボードしか知らないただの少年でした。嫌なものは嫌で、「何言っているんだろう」と本音では思っている部分はあったんですけれど、でもそういうことを何回も繰り返すうちに、そこから何か吸収できるかなって逆に思うようになったんです。

引用:Sportsnavi

また、2018年1月に放送された『アスリートの魂』でも平野歩夢さんのインタビューからメダリストに相応しい人となりが伺えます!

 

平野歩夢は実力(スノーボード・スケートボード)もイケメン!

平野歩夢さんのイケメンな部分4つ目が、言わずもがなな、スノーボードとスケートボードの実力です!

平野歩夢さんのスノーボードとスケートボードのこれまでの主要な功績をまとめました。

スノーボードの功績

  • 2013年 X GAMES ASPEN・・・銀メダル
    • 史上最年
  • 2014年 ソチオリンピック・・・銀メダル
    • 日本人史上初のスノーボード競技でのメダル獲得
    • スノーボードにおける最年少のオリンピックメダリストとしてギネス認
  • 2016年 X GAMES OSLO・・・金メダル
  • 2018年 平昌オリンピック・・・銀メダル
  • 2018年 X GAMES ASPEN・・・銀メダル

スケートボードの功績

  • 2019年 スケートボード日本選手権・・・優勝
  • 2021年 東京オリンピック・・・日本代表内定
    • 日本選手における夏冬の五輪出場は、史上5人目

平野歩夢さん、何から何までイケメンで完璧すぎますよね・・・。

しかし、それも全て地道に積み重ねてきた努力の賜物であることを忘れてはいけません!

10歳の時にインタビューで答えていた、スノーボードとスケートボードで世界一を取る日も、そう遠くはないかもしれませんね。

© 2021 まるもりジャーナル