BTS

グクの愛犬の名前はバムで犬種はドーベルマン!待ち受けや動画も紹介

グク 犬の名前

2021年10月15日、BTSの公式ファンコミュニティアプリ『Weverse』に「In the SOOP BTS ver.Season 2」の第1話が公開され、グクの愛犬が初登場し話題を呼んでいます。

気になるグクの愛犬の名前はバムで、犬種はドーベルマン!

グクは以前動画配信アプリ『Vlive(ブイライブ)』で自身のスマホの待ち受け画像がドーベルマンの犬であったことが話題となりましたが、どうやら愛犬バムが由来だったようですね!

そこで当サイトでグクの愛犬バムについて、性別やいつから飼い始めたのかなど詳しく調査しまとめていきます。

まる記者
この記事を読むと、グクの愛犬ドーベルマンのバムについて分かります

グクの愛犬の名前はバム!(チョン・バム)

こちらがグクの愛犬の画像です!名前をバム(チョン・バム)といいます。

グクと並ぶととても大きい犬であることが分かりますが、これでもまだ赤ちゃんなのだそう。

これにはメンバーのJ-HOPEも「これはほぼナムジュン(RM)と同じサイズ」、またVは「タン(Vの愛犬)の15倍はあるんじゃない?」とコメントしており、驚きを隠せない様子でした。

 

グクの愛犬バムの犬種はドーベルマン!性別はオス

グクの愛犬バムの犬種はドーベルマン、性別はオスです!

ドーベルマンはドイツ原産の警備犬で、オスは大人になると体重40~45kg、体高66~72cmにもなる大型犬です。

どうやらドーベルマンは優秀な警備犬として飼い主を敵から守るため、攻撃を受けた時に弱点となる耳や尻尾を短く切られてしまうことが多いのだそう。

(現在もペットショップでは耳や尻尾を短く切られたドーベルマンが販売されることが多いそうです。)

しかし、バムは耳も尻尾も短く切られておらず、放送内でもグクは『そんなに警戒しなくていいよ。自分の身は自分で守れるよ。』と発言しています。

ドーベルマンの特性をよく理解し、グクのバムへの尊重と愛が感じられる一言ですよね。

 

グクは愛犬バムが待ち受け画像?別のドーベルマン?

グクは2021年9月1日に動画配信アプリ『Vlive(ブイライブ)』でスマホの待ち受け画像を公開したのですが、その画像がドーベルマンであったことが話題となりました。

実際グクが待ち受けにしていた画像は以下のドーベルマンが洋服を着ているものですが、待ち受けのドーベルマンと愛犬のバムを比較すると、色が若干異なるようなので待ち受けはバム本人ではないようですね。

しかし、グクがドーベルマンの画像を待ち受けにしていたのは愛犬のバムに由来していることは間違いないかと思われます。

とても愛情を持って飼っていることが分かりますね。

 

グクは愛犬バムをいつから飼ってる?場所は実家?お世話する動画も!

グクが愛犬バムをいつから飼い始めたのかについてですが、知恵袋では『まだ赤ちゃんって出てたので1歳未満、 体の細さから7~8ヶ月位に見えますね。』とのコメントがありました。

遡るとだいたい2021年年明け頃から飼い始めていたのかなと思われます。

またバムを飼っている場所ですが、実家の釜山ではなく、グクの自宅で飼っているものと思われます。(なお、実家ではマルチーズのクルムを飼っています。)

グクは愛犬バムのお世話をとても熱心にしているようで

グク愛犬のお世話エピソード

  • 前日夜遅くまでジミンと遊んでいたのに眠ってから3時間後には目覚ましをかけてバムのお世話をしている(グクは早起きが苦手)
  • ご飯の量にも気を配りあげている。ご飯後の歯磨きもしてあげている
  • トイレトレーニングも根気強くやっている
  • バムがお利口にできたら『よしよし』と褒めて伸ばしている(怒らない)
  • 『おすわり』『待て』『ハウス』などを教えてあげている
  • おもちゃで一緒に遊んだり、外を元気に走り回ったりしている

などの超イクメン振りが伺えます。

 

グクの愛犬ドーベルマンのバムに、SNSの声は

 

まとめ【グクの愛犬の名前はバムで犬種はドーベルマン!待ち受けや動画も紹介】

本記事『グクの愛犬の名前はバムで犬種はドーベルマン!待ち受けや動画も紹介』のまとめです。

まとめ

  • グクの愛犬の名前はバム
  • 犬種はドーベルマンで、性別はオス
  • グクはドーベルマンの画像を待ち受けにしている
  • グクは2021年年明けからバムを飼い始めたと思われる
  • バムはグクの自宅で飼っている
  • 動画ではグクがバムを熱心にお世話している様子が伺える

© 2021 まるもりジャーナル Powered by AFFINGER5