女性芸能人

神田沙也加インスタ最後が意味深?時薬の暗号解読

神田沙也加 命日 いつ

本記事では『神田沙也加最後のインスタが意味深?時薬の暗号解読』についてまとめていきます。

神田沙也加さんが亡くなったという悲しいニュースがありました。

調べると命日の12月18日最後のインスタは今までで一番お気に入りの衣装を、さらに1か月前のインスタでは過去の『不甲斐なくて後悔で哀しくて、聴けなかった曲が、やっと聴けた。』と意味深な投稿をしており、その聴けなかった曲というのがアンダーグラフの『時薬』なのでは?と言われているんです。

『時薬』の歌詞は非常に悲しい内容なのですが、神田沙也加さんの『時薬』にはどんな暗号がかくされていたのでしょうか?

本記事でまとめていきます。

この記事を読むと、神田沙也加の意味深なインスタ『時薬』の暗号が分かります

神田沙也加インスタ最後が意味深?大好きな衣装

神田沙也加さんの最後のインスタ投稿は、命日12月18日のちょうど一か月前にあたる11月18日。

神田沙也加さんが一番お気に入りだった『マイフェアレディ』『イライザ』の衣装写真を投稿しています。

神田沙也加さんは本当にミュージカルが大好きだったのですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿

いちばん好きなお衣装のイライザ!
今年も袖を通せて嬉しいです^ ^
#マイフェアレディ
#イライザ
#撮影の時だけマスク外してます

【引用】神田沙也加 インスタグラム

2021年12月20日現在、この最後のインスタ投稿には3.2万件のいいねと、1487件ものコメントが寄せられ、今もなお増え続けています。

神田沙也加さんは生前毎月少なくとも3件はインスタグラムを投稿していましたが、亡くなった12月は投稿が1件もありませんでした。

最後に投稿した11月18日を皮切りに、体調が悪くなってしまったのでしょうか・・・。

上記の投稿の他にも、11月のインスタ投稿では出演中だった『マイフェアレディ』でWキャストを務める朝倉まなさんとのツーショットを載せていたりと一見元気そうな写真をアップしていたため、あまりに急すぎる訃報が本当に悲しいですね・・・。

 

神田沙也加インスタが意味深?時薬の暗号解読

実は神田沙也加さんの亡くなる前の月にあたる11月9日には苦しい胸の内を吐露する予兆?のような意味深投稿がありました。

 

▼11月9日の神田沙也加のインスタ

不甲斐なくて後悔で哀しくて、聴けなかった曲が、やっと聴けた。
こればかりだったのに今日まで歌えることもなかった。
新たに引き締まる気持ちもあるけれど、時薬に頼り過ぎることなく、今度こそ誠実に向き合いたい。

【引用】神田沙也加 インスタグラム

【時薬(ときぐすり)】とは、関西地方では『日にち薬(ひにちぐすり)』とも呼ばれ、”時間の経過は薬と同じようにすべてを癒してくれる”という意味があります。

この『時薬』という言葉は病気の際にもよく使われますが、大事な人が亡くなってしまった際や失ってしまった際などにも使われることがあるよう。

仏教でもよく使われる言葉だそうで、仏教では『時薬』を早く効かせたければ、過去に囚われすぎず現在を精一杯生きようなどとも説かれることがあるそうです。

また、一部SNS上では神田沙也加さんが後悔で聞けなかった曲はアンダーグラフの『時薬ときぐすり)』なのでは?とも言われています。

時薬 歌詞

春はまだか 明けはまだか 待ち焦がれ心疲れたなら
日は昇るか 灯は灯るか 気ばかり焦れば時を待てよ

前を向き歩いてゆけば 神は微笑むというけど
忘られぬ思い出もあり 立ち止まり羽根休める事ができるのなら

人は愛され愛すのでしょう 誰も悲しみは欲しくない
時が全てを癒すのでしょう そしてもう一度歩くのでしょう

過去を想い 明日を探し 今宵の月さえ見えない日は
幼き日に 戻ればいい 過去さえ未来に感じるほど

優しさに包まれながら 生かされてきた日々の中
何を遺して過ごしましょう あなたに明日も逢えるのならばそれだけでいい

夜は必ず明けるのでしょう 誰の悲しみも知らぬまま
時の流れは止まらぬでしょう そして涙も乾くのでしょう

愛し愛され生きる限り 人が人としている限り
時が全てを癒してゆく そして自然と笑顔になる

夜は必ず明けるのでしょう 誰の悲しみも知らぬまま
時の流れは止まらぬでしょう いつか涙も乾きはじめ
そして もう一度旅立つでしょう

時薬の歌詞をご覧いただいてわかる通り、かなり悲しい内容になっています。

歌詞内容から推測すると、神田沙也加さんは忘れられない人がいたのかもしれません・・・。

神田沙也加さんは実は2019年2月に元夫の村田充さんと離婚されています。

しかし、その後元ジャニーズジュニアの秋山大河さんと交際報道があり、2021年5月に破局報道がありました。

もしかしたら時薬の忘れられない人は、村田充さん・秋山大河さんの可能性があるかもしれませんが、真相は本人にしか分かりませんね。

>>神田沙也加の死の本当のワケが闇深すぎる……

(青色リンクを指でタップして記事へ飛べます)

 

神田沙也加命日いつ?12月18日午後9時40分

神田沙也加さんの亡くなる前にTwitterで『神田沙也加亡くなったようだ』と投稿していた人物がおり、その日時が12月18日午後11時3分でした。

この投稿は現在は削除、アカウントも削除されており、SNS上では医療関係者がリークした?という噂もでているようですが、あまりの偶然にアカウントを所持していた人物が明らかに怪しすぎると他殺を疑う声も出ているようです。

確かに、神田沙也加さんが亡くなったという報道にはかなり不可思議な点が多く、各メディアの報道でも情報が錯綜しているようです。

▼神田沙也加さんの亡くなったニュースなどの時系列

  • 12月15日 ネットの掲示板で『不謹慎ですが記録として残させてください。次になくなる方はSKさんです。一連の流れは繋がっています。さようなら』と匿名で投稿があった
  • 12月18日午前10時 神田沙也加さん自ら父の神田正輝さんの誕生日を祝う電話をかけていた
  • 12月18日午前 正午からの主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」に出演を予定していたが、入り時間になっても会場に現れず電話連絡もつかなかった。スタッフが「行方が分からない。失踪した」と探していた
  • 12月18日午後1時過ぎ 宿泊先のホテル14階にある屋外スペースで倒れた状態で発見。近くの病院に意識不明の状態で緊急搬送。
  • 12月18日午後9時40分 神田沙也加さんが亡くなる
  • 12月18日午後11時3分 Twitterで『神田沙也加亡くなったようだ』と投稿した人物がいた
  • 12月19日深夜第一報 神田沙也加さんが『階段から転落。重体』と報道
  • 12月19日昼頃 宿泊していた札幌のホテルの窓から転落したと報道
    • しかし、札幌のホテルは雪対策のためベランダがなく、高層階は窓も開かないかつ非常階段も外にはない
    • その後の報道で、コロナの感染対策のため窓を開けられる状態であったことが判明

>>神田沙也加は父への電話が遺書?内容は生んでくれた感謝の言葉?

(青色リンクを指でタップして記事へ飛べます)

 

神田沙也加インスタの意味深な時薬に、SNSの声は

沙也加ちゃんの訃報を知りとても残念です。何だかこの記事の内容が気に掛かってなりません。沙也加ちゃんはお母さんより遥かに凄いですよ。あの透き通った、歌声が聴け無くなると思うと。せつないです 御冥福をお祈りします 短い人生でしたね。ゆっくり休んで下さい
沙也加さんのこの言葉たち気になってました。今では遅すぎますが。この現実を受け入れられません。残念でなりません。学校の発表で沙也加さんの曲使ったり良く聴いてました。本当に歌がお上手でしたよね。忘れません。悲しいです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
フォローして、よく見てたのにこんな投稿あったなんて、知らなかった。。。辛かったんだろうに、知らなくて分かってあげられなくてごめんなさい。SOSだしてくれてたのに。今となっては無理しないでってコメントしたかった。もうこの世に居ないという事実が、本当に悲しいです
きっとなにか思うことがあったんだと勝手に考えてしまうけど、今はもう推測しかできない。何かに悩んでいたなら力になりたかった。とても悔しい。
この記事でサインを既に送ってらっしゃったのですね。ダイレクトに伝えられなくても、本人なりに伝えようとして、それがまた周りに発信を精一杯しながら頑張ろうとしていたのですね。ゆっくりゆっくり休んでくださいね。ご冥福をお祈りします。

 

まとめ【神田沙也加インスタ最後が意味深?時薬の暗号解読】

本記事では『神田沙也加インスタ最後が意味深?時薬の暗号解読』についてまとめました。

まとめ

  • 神田沙也加最後のインスタ投稿は、命日12月18日のちょうど一か月前にあたる11月18日。内容は一番お気に入りだった衣装の写真
  • 11月9日のインスタには意味深な『時薬』が投稿されていた
  • 『時薬』とは”時間の経過は薬と同じようにすべてを癒してくれる”という意味
  • 神田沙也加が後悔で聞けなかった曲はアンダーグラフの『時薬』では?と言われている
  • 神田沙也加命日(いつ)は、12月18日午後9時40分

 

 

© 2022 まるもりジャーナル Powered by AFFINGER5