おそ松さん

おそ松さん実写最悪の理由なぜ?オリキャラやばいのtwitterの反応も紹介!

2021年8月11日

おそ松さん 実写最悪

おそ松さん 実写最悪

赤塚不二夫さんのアニメ『おそ松さん』がジャニーズのスノーマン(Snow Man)メンバーによって実写化されるとして話題となっています。

しかし、Twitter上では『おそ松さんの実写化最悪』『おそ松さん実写化のためにオリキャラ作ったのかな?だとしたらやばい』『実写化スノーマンとか無理』などのネガティブな反応が多く、炎上してしまっているようです。

そこで本記事では、以下の内容をまとめていきます。

記事の内容

  • おそ松さん実写最悪の理由なぜ?
  • おそ松さん実写最悪のtwitterの反応!批判殺到で炎
  • おそ松さん実写最悪じゃないのtwitterの反応も!

おそ松さん実写最悪の理由なぜ?オリキャラやばい・スノーマン無理

理由1:オリキャラ(オリジナルキャラクター)が実写化のための人数合わせ?

おそ松さん実写最悪の理由1つ目が、オリキャラ(オリジナルキャラクター)が実写化のための人数合わせなのでは?とされているからです。

アニメのおそ松さん兄弟は、全員で6人の6つ子。

しかし、スノーマンは全員で9人のため、実写化に伴い人数合わせでオリキャラを作ったのではないか?と言われているようです。

これには古くからのファンは納得がいかないと異議を唱える方も多いようですね。

 

理由2:スノーマン(ブスノ・ジャニーズ)無理

おそ松さん実写最悪の理由2つ目が、スノーマン(ジャニーズ)嫌いという理由です。

もともとジャニーズはアンチが多いのも特徴。

中でもスノーマンは”ブスノ”という言葉も生み出されるほどアンチが多くて有名だそうです。

 

理由3:おそ松さんの実写化自体が最悪

おそ松さん実写最悪の理由3つ目が、実写化自体が最悪という理由です。

前述の通りおそ松さんは、6つ子設定です。

アニメだからこそ顔も身長もそっくりというリアルで面白い世界観が作られるのに、実写化してしまっては台無しだと考える人も一定数いるようです。

 

理由4:松ステ(おそ松さん舞台)メンバーがよかった

おそ松さん実写最悪の理由4つ目が、松ステ(おそ松さん舞台)メンバーがよかったという理由です。

おそ松さんは2020年に舞台化されており、その際は原作の要素を忠実に再現するためにキャストの身長や体形を合わせ、お揃いのカツラを被るなどして6つ子に見えるよう工夫を凝らしたのだそう。

そのかいあってか、SNS上ではおそ松さんの舞台を高く評価するファンもおり『松ステ(おそ松さん舞台)メンバーだったら実写映画見たのになぁ』と嘆く方も一定数いらっしゃいました。

 

おそ松さん実写最悪のtwitterの反応!批判殺到で炎上

 

おそ松さん実写最悪じゃないのtwitterの反応も!

 

まとめ【おそ松さん実写最悪の理由なぜ?オリキャラやばいのtwitterの反応も紹介!

本記事『おそ松さん実写最悪の理由なぜ?オリキャラやばいのtwitterの反応も紹介!』のまとめです。

まとめ

  • おそ松さん実写最悪の理由なぜには以下があった
    • オリキャラ(オリジナルキャラクター)やばい
    • スノーマン(ブスノ・ジャニーズ)が無理
    • 実写化自体が最悪
    • 松ステ(おそ松さん舞台)メンバーがよかった
  • おそ松さん実写最悪のTwitterの声もある一方で、実写化を喜ぶ意見もあり、賛否両論

© 2021 まるもりジャーナル